スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

あたしと私と「さなぎ」のはなし。

「シン・ゴジラ」を観た。超面白かった。2回観た。

「君の名は。」を観た。面白かった。

「怒り」を観た。面白かった。原作買った。


***********

そう、それでまたこの話。
一人称の話。

今回は「さなぎ」という楽曲についてである。
歌:坂本真綾、作詞:坂本真綾。
(作曲に関して今回は1ミリも触れるところがないため、スルーします)


わたしはこの曲が大好きだ。
アルバム「FOLLOW ME UP」に収録されているバージョンと、中野サンプラザでのライブバージョンの音源を持っているが、
どちらも好きで、この2つだけを入れたプレイリストを作って繰り返し聞き続けることもある。

そうして気付いたことがある。
歌の中で使っている一人称が明らかに違う、ということ。


ちなみに、テキスト上では、一人称はすべて「私」に統一されている。
http://www.kasi-time.com/item-77183.html

フレーズを抜粋すると、以下の通り。

1.「耳鳴りが止んで 私生まれ変わってた」
2.「私だけど 私じゃない そして進化の先へ」
3・「ギリギリな方が 私無謀になれる」
4.「私だが 私だけを 完成させる」
5.「私だけが 私だけに 従うことができる」
6・「私だけど 私じゃない そして進化の先へ」

CD収録バージョンではほぼこの通りに歌っていると思う。
一部(1.と3.)ちょっとあやしいけど、少なくともサビの部分はすべて「W」の発音をしている。


それがライブバージョンだと、どうもこう歌っているように聞こえる。

1.「耳鳴りが止んで私生まれ変わってた」
2.「あたしだけど 私じゃない そして進化の先へ」
3.「ギリギリな方が私無謀になれる」
4.「あたしだが 私だけを 完成させる」
5.「あたしだけが 私だけに 従うことができる」
6.「あたしだけど 私じゃない そして進化の先へ」

やっぱり1.と3.は微妙なところだが(正直「あたし」に聞こえる)、
サビの部分はもう絶対明らかに、「あたし」と「私」をはっきり区別して歌っている。


その方が発音の関係上歌いやすいとか聞こえやすいとか、単純にそういう話かもしれない。
しかし、わたしは歌が下手なのでそういったことはちょっとよくわからない。
だから好きに解釈させてもらいたい。

以前も似たようなことを言っているが、坂本真綾さんの楽曲においては、
「わたし」より「あたし」の方が、彼女自身を表す一人称として、強い。
「わたし」より「あたし」の方が、生の人間のものである。
「わたし」より「あたし」の方が、真実である。

うまいこと言えなくてもどかしい(そして恥ずかしい)が、そういうことだと思う。


こう意識してしまうと、もうリリース当初はわざと「私」を強調していたのだとしか思えない。
ライブのための布石をあらかじめ打っていた。

「あたしだけど私じゃない そして進化の先へ」

こう歌いきることで、この曲はまたひとつ大きな進化を遂げた。
「あたし」は「私」という過去のさなぎを脱ぎ捨てる。
歌も、歌手も、常に進化している。
既存の楽曲を歌っているのではないのだと、強く証明したのだ。

たぶんね。
スポンサーサイト

有休

靴が出てくる映画が観たい。
女性の靴。

『イン・ハー・シューズ』とか『靴に恋して』を借りて観たけど、
期待していたよりもずっとずっしりしたお話で、ただハイヒールが観たいだけのわたしには重すぎた。
これから『靴に恋する人魚』を観る。

ハイヒールが好きなのって、男性よりも女性の方が圧倒的に多いのではないかと思う。
脚フェチの人は多いけど、ハイヒールごと愛してくれる人はあまり居ないのではないかと思っている。
性癖がねじれた御仁は除く。


************

ヘンゼルとグレーテルの話で気になったことがある。
魔女の婆さんは、差し出された小枝と男の子の指を見間違うくらいに目が悪い。
それって相当目が悪い。
単なる近視や遠視で、そんなことになるのか。
そして私たちがその魔女の設定を知るのは、この小枝を差し出すシーンが初めてではないか。

本性を現すまでは魔女も気のいい「婆さん」を演じていたはずで、何か蹴つまずいたり、物を取ろうとして手を彷徨わせたりしていたかもしれない。
そういう場面は兄妹も見ていたのだろう。
菓子の家だけに目が奪われていたとは言わせない。
現に魔女の目の悪さを利用し、騙そうと策を弄したのだから。
それにしては、「婆さん」に対し手を差し伸べるといった描写が全く無かったのは少し奇妙に思う。

物語をコンパクトにおさめようと考えれば、真っ先に削られてしまうであろうことではあるけど、
結果的に残るのは、相手の弱みに器用につけこむ兄妹の冷静さ。
正直怖い。

「賢い」だとか、「勇気がある」だとか聞こえの良い言葉で彼らは褒め称えられているけれど、
こういう頭の回る子たちは実際には相当疎まれてしまう気がする。

わぐちゃーん




Wake Up, Girls! (WUG)が頑張っているところを見るとなんか泣きそうになる。
全然情報チェックしてないしあんまお金も落としていないのでファンとは言い難いけど、応援してます。

有休

昨日と今日、家で映画を観た。

それからペットボトルのサングリアを買って飲んだ。
これって「お酒」っていう表示さえなければ本当にジュースみたいな外見をしていて、
まあそういうチューハイやカクテルは缶でもよく売られているけど、
たぶんペットボトルってところがちょっと斬新。
屋外で手っ取り早くアルコールを摂取したいんだけど、人前でなんてはしたない!って方にうってつけ。
もしもこれをリクスーの就活生(♀)なんかが駅のベンチに座って飲んでたら、と想像すると楽しい。
ところで最近あんまり就活生を見かけなくなってきたけど、ピークは過ぎたのかな。

話を映画に戻す。観たのは4本。

『undo』
『PiCNiC 』
『四月物語』
『新しい靴を買わなくちゃ』

みんな岩井俊二っていう超有名な映画監督が関わっているらしい。
短くてタイトルも知らないようなのばっかり選んで借りた。
最後のは息抜き。

映画を観慣れた人たちが、絶賛したり猛烈に批判したりしてたのしむための作品みたいだった。
一言でいえばくろうと向けだった。
そういう映画を、何も考えずにぼけーっと観るのは好き。
だけどこのことはあまり人に言えない。
本当に好きな人には何か失礼な気がするし、知らない人にとっては話すこと自体が時間のむだだから。

「渇き。」のこと

また映画を観た。
なんか、たぶん純愛だった。加奈子のね。
感想を述べると、わかりにくい場面が多い(暗くて誰がボコられてるのかよくわからない)。
でも各々が自分の都合しか考えてないもんだから、状況はわりと掴みやすいような。
時系列がちょっとややこしいけど。
なんにせよあんまり楽しくなかった。


余談。
映画通の人のグロい/グロくないはアテにならない。
「視覚的なグロは大したことないけど、精神的にくる」
みたいなレビューはほんとうにアテにならない。
いやいや、十分グロいわ。
あと精神的にグロいってなんだよ。
吹き出す血に比べたら、大抵のことは大したことないよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。