TOPスポンサー広告 ≫ apprivoiserTOP900めも ≫ apprivoiser

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

apprivoiser

「NO FEAR/あいすること」を聴いていると、なぜか『星の王子さま』を思い出します。
ぜんぜん関係ないけど、なんとなく。


思い出しついでに『星の王子さま』について。
原作『Le Petit Prince』の著作権がぶっちぎれてるのでやたらと翻訳されてるんですね。
こういう企画もあるくらい。

内藤濯と、河野万里子、谷川かおる、三田誠広、管啓次郎の訳だけ読んだことがあります。
池澤夏樹訳も読みたいのですが…近所で入手できない、とかいう屑みたいな理由で未読です。
あとフランス語が読めないので原文は見たことすらありません。てへへ。

キツネの「飼いならす」という言葉がどうにもしっくりこなくていろいろ読んでみましたが、
なんだかんだ言いながらいつも内藤濯訳に帰ってくるから不思議なものです。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。