FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ HEROさんの新作短編のこと。TOP726/778.77めも ≫ HEROさんの新作短編のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

HEROさんの新作短編のこと。

HIROさんの『あらわのスキマに忍ぶ毒』読んだ。
たのひい。

去年の夏は『褪せないシアンの少女A』で、それより前の夏だか梅雨だかに『浮世メモの夢に鬼』だっけ?
が更新されて、どっちもホラーっぽい内容だからそういう方針でいくのかな。夏は。
『褪せないシアン〜』は正統派ホラーな感じでそんなに好みではなかったけど、今回のはかなり好き。


以下感想ネタバレ含むので仕舞い。

7/21 
 検索からいらした方には意味不明すぎて不憫になる文章だったので、言葉を補足。
 作品のkaisetsuとかではなく個人的なただの感想です。あしからず。





つぐみに殺意が芽生えたのは、自分のメガネを踏み潰した時からでいいのかな。
芽生えたっていってもその前兆はあったと思うけど、
つまり、つぐみと豊の関係が壊れて修復不可能になった瞬間。
これについて考えてみたい。

つぐみは幼稚園児の頃には既にメガネを掛けていたことが豊の回想からわかる。
おそらく、幼稚園から現在に至るまでつぐみがコンタクトレンズを使用していた期間はない。
そんな彼女と共に育ってきた豊からすると、メガネは「姉・つぐみ」像の象徴的なアイテムといえる。
そうすると、つぐみがメガネを壊したことは、「豊のお姉ちゃん」である自己を叩き潰した……
こととも取れる。
ちょっと強引だけど。

つぐみとしては、豊とは仲良くしたかったけど、自分の気持ちを理解できない「弟」は要らなかった。
というよりもむしろ、モラハラかます豊の存在は、自分の人生から積極的に排除したいぐらいのものであり、
ためらいや後悔を残すこともなく始末できる程度の人間でしかなかった。
つぐみの中から、双子の弟に対してあるべき情というものが次第に失われていき、
「つきとばされた」ことが引き金になって、つぐみの中で姉弟の関係性は完全に壊れてしまった。


対して、豊にとってのつぐみは、自分が死ぬまで「お姉ちゃん」だったんじゃないかな。
……というか、その感覚が普通なんだけど。
つぐみに落とされる寸前の「なんで……おねえちゃ……」がそれを裏付けていると思う。

――ちなみに、つぐみも「マシロくん」宛ての手紙の中では豊のことを「弟」と書いているけど、
これは便宜上の表現で、ひどく事務的なものに見える。
彼女の発する「弟」という言葉は形骸化していると個人的に感じる。


つぐみにとって、2人の関係が修復不可能になったのはメガネを踏み潰したときだったわけだけど、
豊にとってのそれは、お揃いのキーホルダーが壊れた瞬間なのかもしれない。
つまり死んだ後。
あれは豊が死んだから壊れちゃったんだと思う。
あのキーホルダーは、姉弟としての関係を修復したいっていう豊の前向きな気持ちの象徴なはず。
それが壊れるまで、つまり豊が死ぬまで、豊にとってのつぐみは掛け替えのない家族の一人であり続けた。


つぐみからしてみれば、とっくにそんな関係は打ち払われていた訳だけど。




……ところで「マシロくん」の設定について、今はまだ物語を動かす装置にしか見えない。
「気に入った人にしか返事を寄越さない」とか、そういうところが。

実はつぐみが無意識に「マシロくん」を演じてるとか、そういう解釈はあんまりしたくない。
作中で否定されていることを蒸し返してまでする面白さがあるのかよくわからない。
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
初めまして。
東雲という者です。

※コメントの割に地味に長いのでお時間がある時に返答をお願いいたします※

HEROさんの短編作品の「夜明けがキズのあと」が更新されていたことに気付き、色んな作品を読み返していました。
ですが、「あらわのスキマに忍ぶ毒」だけは、つぐみが豊を殺した理由がわからずにモヤモヤとしていたのです。
そんな中で検索した結果、みかづきさんの感想が一番納得のいくものでした。


また、僕なりにつぐみが豊を殺害したきっかけの1つの詳細を推測してみたので、ご意見をお聞きかせ願いたく、ここに記入させて頂きました。



ここから下が少ないですが、推測です※


冒頭の過去の部分

構図的に豊が女子高生の顔を見れるのは、おそらく横顔。
そして特に丁寧に女子高生が描かれているようには思えない。

この冒頭の作者の意図は、高校生の間で
【下駄箱にマシロくんへの手紙を送るという手段があり、返事が来ることによってなんらかの意味がある】ということを読者に認識させる為
+豊にマシロくんという存在を認識させる為のもの
だったのだと推測します。

そして、豊と仲良くしたかったつぐみは、過去に弟がきれいな高校生を見つめていたのだと思っていたことから、きれいな人が好きなのだと予想し、そこからヘアチェンジを試みるも、
「なにやったって変わんねーよ地味なんだから」
と言われてしまった。

それに対しての後編の
「朝頑張って髪の毛セットしたり...」
だったのではないかと思ったのです。

(※豊は、つぐみに女子高生を見つめていたことを指摘され、赤面をするという反応をしていましたが、僕は、その指摘自体に赤面をしたのであって、彼自身が惹かれていたのは、高校生の話の中心であったマシロくんだったのではないかと思っています。)

これが殺害するという行動に至った、きっかけの1つの詳細だったのでは?と思っていたのですが、無理矢理かもしれないとも思い、ご意見を聞かせて頂きたかったのです。

2015年10月28日(Wed) 20:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。