FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 『ド嬢』のことTOP726/778.77めも ≫ 『ド嬢』のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

『ド嬢』のこと

ここ数カ月くらい、ずっと3DSでゲームばっかりしてる。
それで同じゲームをしている人とゲームの話ばっかりしてる。
おうちをデザインするのが目的のゲームだから、内装の元ネタになった作品の話とかもできて面白い。
それぞれの人の趣味が見える。ドラマとか小説とか他のゲームとか。

***

施川ユウキの『バーナード嬢曰く。』が超面白い。
バーナード・ショーが何した人か知らないわたしでもぜんぜん読めるよ。

この漫画にはシャーロキアンとSF者の女子高生が出てくる。
「こんな女子高生いたらやだなぁ」と思ってしまうくらい濃い、シャーロキアンとSF者が出てくる。
ぶっちゃけSFとかよくわからなくて文章難しいのばっかりだし、
ホームズシリーズはまずどれから読んでいいのかわからなくて小難しいのばっかりだし、
つまりほとんど読んだことないから彼女達の言ってることはさっぱりわからない。
でも面白い。
自分が興味ないジャンルを熱烈に支持している人の話が大好きだからかもしれない。


ところでSFで思い出したけど。
アルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』ってSF小説が引用してる、
ウィリアム・ブレイクの『虎』って詩かっこよすぎるよね。
あほみたいにかっこよすぎるから暗唱できるくらい読んだ。
まあ覚えてるのは二連目までなんだけどね。
「如何なる手でその火を捕えたのか」ってところまでね。
きっかけがモロにばれるね。

そして誰の訳かわからないんだこれが。
探してみたけど、うーむ……。
http://tomoki.tea-nifty.com/tomokilog/2006/10/the_tyger_by_wi.html

たぶんだけど、訳はオリジナルなんだろうな。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。